明石海峡大橋塔頂登頂#2
2度目の明石海峡大橋登頂ツアーだ。
参加料が2100円なので、予約さえできれば気軽に参加できる。
今回は新調した広角レンズを持って行った。

さすが広々と写る。
(神戸→淡路島方向)
道路に落ちるとミンチ以上の何かになることができるだろう。
(神戸側)
春に来たときは曇っていたが、今日は晴れだ。朝はかなり寒かったが、11時頃にはまぁなんとか耐えられる気温になった。

ちなみに夏は鉄板焼きの板の上のようになるそうだ。ここに限らず西日本の暑さに慣れることは骨にでもならない限り私には無理だろう。
橋脚の中にあるエレベータホール。
夏は蒸し風呂状態とのことである。

と、いうことで、春先か秋に来るのがよりよい選択になる。
おしりがむずむずするのは押さえられない。
バンジージャンプコーナーを設ければ、ちょっとした副収入を得ることが出切るのではないだろうか。
巨大なクレーン船が橋をくぐり抜けている所だ。クレーン船がもう少し早く来ていれば、潜り抜けるところを近くから見れたかもしれない。
広角レンズの撮影なので小さなクレーン船に見えるが、橋の高さは65m程度あるので、実際はかなりの大きさである。
右に見える建物は孫文記念館

舞子公園内は釣り人や写生をしている人、将棋を指す人、芝生の上でくつろぐ人などがいて、のどかな休日の風景が見られる。