ワンダー穂別
もともとは穂別町であったが鵡川町と合併し「むかわ町」になったそうである。

穂別地球体験館の看板が国道沿いに建てられているので存在は5年程度前から知っていた。
博物館巡りをする習慣?はここ2~3年で身についたことなので今日に至るまで来ることは無かった。

受付で料金を支払うと「12時45分からになります。3分前に集合してください」と言われ、なにがなんだかわからないまま一旦外に出た。
12時45分の3分前まで、すこし時間があったので「道民の森」?の一角にある屋外博物館まで足を伸ばした。
車で7分程度の距離だ。

駐車場から屋外博物館へ向かう途中にはロックガーデン(←花壇の親戚?)があり、それを超えるとこのようなトンネルがある。
(写真はトンネルの出口側)
トンネルの中の様子。
そして、トンネルの向こうでは・・・

古代生物のオブジェが迎えてくれる。
アンモナイトが森を向いているのは、なにか理由があるのだろうか。

左から頭を出しているのは「ホッピー」だ。
地球体験館で教えられた?のだがアンモナイトはイカの先祖とのことである。

渦巻きを除けばそのようにも見えるが、アンモナイトとイカは何の関係もない生き物だと思っていた。
今も昔も結局は食べられるのが仕事のようである。



hobetsu.jp
↑約束の時間がきたので地球体験館に戻ってきた。写っていないが、左に屋外博物館へ至る道路がある。
記念撮影場所。
ここ以外の館内は撮影禁止である。
だから写真はこれだけなのだ。残念。

中の様子をいろいろ書きたいのだが、書いてしまうとこれから行く人の楽しみを奪ってしまうことになる。

なので、二つ三つばかりの進言と感想にとどめることにしよう。

1. できるだけ少人数、可能なら1名で行くことを勧める。1名で入館し、そしてあなたが内気な人なら『ワンダー度MAX』である。
2. メガネの人で強力な曇り止めをもっているなら、改めて塗布することを勧める。しかし、持っていなくてもそれほど困ることもない。
3. 職員は手を抜くことなく仕事をこなし、こちらが少々恥ずかしくなるくらいだった。
なんだかはずかしくてお礼の一言も言えなかったので、この場で言おう『ありがとうございます。そして、お疲れ様でした』と。
地球体験館でのなんだかてれくさい体験を後にして、近くの穂別博物館へ足を延ばす。
地球体験館に入館すると割引券をもらえるので200円で入館できる。
所狭しと化石や標本がならんでいる。
「XXX氏寄贈」というのが結構多かった。
広くはないが、展示内容は濃いのではないだろうか。

ところで、アンモナイトでいいから私も化石を掘り出してみたい。
写真をクリックし説明文を読むと「ノジュール」との言葉が書かれているのが分かるだろう。

「ノジュール」が何なのかを後で調べようと思い、メモ代わりに撮影したのである。

ここの説明がなんとなく分かりやすい。
なんとか全身が収まった。
エントランスには首長竜「ホッピー」の化石標本が展示されている。
ホッピーを模した遊具。
身長約170cmの私でも頭の部分まで行くことはできるが、そこで立ち上がることは出来なかった。
森に囲まれた穂別。
のどかで良い所だ。

このような土地で生活していけるのなら喜んで移り住むのだが、仕事はあるのだろうか。

選ばなければ仕事はあるとよく言うが、それでは長続きしないだろう。

それと、7月22日の日食はここで見ようかと考えている。

↑画像をマウスでDragするとスクロール表示される(はず)。元画像はここにある。
おまけ