風邪で散々
ひさしぶりの出張、しかも週末。何もせずに帰るにはもったないシチュエーションである。
そんなことから、神戸(出張先)→和歌山→フェリーで徳島→レンタカーで日和佐などと目論んでいたのであるが、
出張当日11月19日(金)の朝、目が覚めるのと同時に喉と鼻の中間あたりの強烈な痛みと、熱に襲われたのである。
治りかけの風邪が見事にぶり返したのである。
出張二日目、11月20日(土)の朝。
神戸−新長田にある鉄人28号。

この頃すでに「フェリーで徳島」は体調を鑑みて困難なので和歌山市内の散策に留めようと、半ば諦めていた。

この後、社用のため江坂まで移動した。
社用を済ませて、JR新大阪駅から「くろしお」で和歌山へ向かう。

古い車両のようで、タバコ臭く、段差を通るたびにどこかからか金属板がガタガタする音が聞こえてきた。

新大阪から和歌山は、約1時間である。
11月21日(日)の朝。ホテルの窓から、JR和歌山駅東口を撮影。
風邪薬では、体の痛みを止められないレベルに到達していた。
和歌山県立博物館。
本当は和歌山県立自然博物館に行くつもりだったのであるが、間違ってこちらに来てしまった。

風邪でなければ、あらためて自然博物館へ行くのだが、そんな元気もない。
と、いうか、風邪でなければそもそも博物館には来ていなかったであろう。

このころの体調であるが、風邪による高熱が、秋の外気で冷やされ、かろうじてバランスを保っている状態である。
博物館前のスペースで、お茶会が行われたいた。

(おそらく)若い女性から、それなりの歳をした女性までが、和服で何かを運んでいたが、ゆっくり見ている体力的状況になく、これを撮影したあと、そそくさとバス停に向かったのである。
バスに乗り、JR和歌山駅まで戻ってきたのであるが、すっかり体力を消耗し、もうどこへ行く気力も失ってしまったのである。

この後、高速バスで関空まで移動し、関空で4〜5時間の間、亀のようにじっとして飛行機をまっていたのである。

最悪の出張であった。

なお、翌月曜日は出勤したのであるが、その後限界が限界に到達し、火曜日(祝日)〜水曜日は終日部屋で横になっていた。

これを書いている今も、最悪−2くらいの体調なのである。
もう、体がつらいのを通り越して、なんだか腹が立ってきた。