流されて苫小牧
Yahooのトップページ中央には、日々のニュースが掲示されていることをご存知だろうか。
今日は、貨物船の写真が載っていたので、いつものように記事をクリックし読み始めたところ、苫小牧沖で貨物船が座礁しているとのことだった。
車で片道約1時間30分、早速見物に行ってきたのである。
座礁したのは、このあたりだ。

座礁船を見物にきたと思わしき車が4〜5台いた。

風は強くないが、とても冷たく鼻水をすすりながら海岸沿いの道を2往復し撮影した。
以下にニュースから抜粋した貨物船の情報を記す。

パナマ船籍の貨物船「プロパル プログレス」
18866トン
2011/11/24 02:30頃に座礁
乗員24名(中国人)は、海上保安庁が救助
11/20に神戸港を出航し、11/23 6時頃から苫小牧に停泊していたが、風速20mの風で流されて座礁したらしい
写真撮影中は、まだ乗員が救助されたことを知らなかったので、人影がないかレンズ越しに探していた。
映画に出てくる幽霊船のようだ。
「苫小牧沖座礁船対策本部」らしい。
ヘリや船艇で座礁船の様子を注視したり、関係機関と離礁作業等にかんして協議するそうである。
離礁するまで、ここで待機するのであろうか。
遠くに苫小牧港へ向かう商船三井フェリー「さんふらわあ さっぽろ」が見えた。
HDRで撮影してみた。
複数の写真を合成するので、鳥や奥に見える船舶(おそらく海上保安庁の巡視艇)が重なって見える。

離礁作業の日時がわかれば、天候にもよるが見物したいものである。