美唄の春
北海道の空知地方には炭鉱跡が多々あり、またこれらの地域は化石の産地としても知られている。

今日はその一つ、三菱美唄炭鉱跡に来た。
この設備の詳しい説明はここにある。

話は変わるが、どうやら2年ぶりに"にわか化石熱"が出てきたようだ。石炭から化石を連想したようだ。
葉っぱが見えるので、桜の開花ピークは過ぎたようだ。
種類不明な鳥。
携帯電話で撮影した動画

最初のシーンは、東明公園の「びばい桜まつり」へ続く道の渋滞の様子である。
事故渋滞だと最初は思っていたが、停車中にインターネットを検索したところ「びばい桜まつり」が原因と判明した。

渋滞のシーン以降は、三菱美唄炭鉱跡の様子だ。
謎の構造物跡。

昔、炭鉱から美唄駅まで線路(美唄鉄道 炭山線)がひかれていたそうなので、蒸気機関車への水と石炭の補給設備ではないかと思う。

場所はここだ。

美唄鉄道 炭山線 東明駅跡
4110形式十輪へい結過熱機関車と言い、大正8年(1919年)から昭和47年5月(1972年)まで使用されていたそうである。
かつての線路はサイクリングロードになっている。

場所はここだ。

ここ最近、ブリジストンの折りたたみ自転車を買おうかどうか悩んでいる。ただ、8万円もするので、かなり躊躇している。
美唄とは無関係な話であるが、巨大黒点があるとのことで撮影してみた。
たしかに目立つ黒点がある。

もやがかっているのは雲である。