晩夏のキノコども
運動不足解消と自然散策を兼ねて時々野幌森林公園内を早足で散策している。

今日も散策していたところ立派なキノコを見つけたので、他にも無いかと探し歩いた成果を見せよう。


キノコの種類はさっぱり分からない。
自分なりに調べた名称を記載しているが、信用してはならない

すべて携帯電話のカメラで撮影したのであるが、手ブレなのかピンボケなのか写りが悪い。

全長約17cm程の大きさ。
「タマゴテングタケモドキ」、または「ツルタケダマシ」と予想。
同上。
同上。
不明。
1つあたりの全長は2〜4cm程度。

知っている方は、ここから教えてください。

白いキノコは、ほぼ毒キノコらしい。
同上。
(上の写真の左側の群生を撮影)
「カラカサタケ」と予想。
全長は15〜20cm程度。
「ドクベニタケ」と予想。
全長は4〜5cm程度。
10月14日(日)

キノコの写真を撮りに行ったのでは無いが、やけに存在感のあるキノコを見つけた。

おそらく「テングタケ」。
毒キノコだ。
PlayStation VITAのゲームにGRAVIATY DAZEというのがあり、このようにキノコが連なっているステージが1つあった。
成れの果て