公然の花園
二日くらい前にYahooトップページのトピックスに富良野のラベンダーの写真が載っていた。
土日に行くと渋滞や駐車場待ちに巻き込まれるが、月曜日ならツアーの観光客はいるかもしれないが、自家用車で来る人は多くないはずと思い、行ってみることにした。
9時過ぎに札幌を出発し、渋滞や駐車場待ちに遭遇することなく、ここ「ファーム富田」に到着した。


辺りには花の香りがほどよい濃度で漂っている。
観光客がそれほどいないように見えるが、写真内にあまり入らない角度を探して撮影したからだ。

観光客の多くは中国人のようである。
残念なことに彼らは自分のことしか考えていない行動が多い。具体的には、待たない・よけない・おしのける・割り込むと何でもありだ。
マナーが最も悪いと記載されたネットの記事をよく見るが、それは事実であった。
写真中央に連なる山のどれかが十勝岳のはずだ。
ミツバチが人など気にせず、せっせと蜜を集めていた。スズメバチらしきのも飛び回っているが、人が多いので自分がターゲットになる可能性は低いだろう。
今回のタイトル「公然の花園」は「秘密の花園」から採ったものである。
小説ではなく松田聖子の歌の方だ。その歌がヒットしていたころ、私は松田聖子に興味が無かった。そもそもTVの歌番組に興味が無かった。
しかし、歌番組が放送される時間帯には私が見たい番組など無いので、不服ながら見ていたものである。
いまいちピントがあっていないが唯一の動画なので掲示した。
富良野近郊に住んでいて来た事が無ければ概ねお勧めの場所であるが、海外や道外に住んでいる人に対してはノーコメントとしたい。
帰り道。ここは建設中の大夕張ダムのすこし上流にあたる場所だ。ダムが完成すると中央に見える橋も水没してしまうのだろうか。