種子島#2(8月12日)
8月12日

屋久島に行ってみることにした。朝5時10分に種子島を出港する「はいびすかす」に乗船した。貨物船のような形状だが乗客用の船室もある。身一つで乗船する分には予約等は必要ない。

4時30分頃までに乗船手続きを行う必要があるのだが、港は真っ暗で一体どこに船が留まっているのか全くわからず蒸し暑いなか冷や汗をかきながら船を捜していた。煙突側面の三つ葉のマークを目印にようやく船を見つけることができた。停泊場所はここである。私と同じく種子島から「はいびすかす」に乗船することがあるのなら参考にしてほしい。

向こうに見えるのが屋久島だ。あと少しだ。

種子島→屋久島の航路は無くなってしまったようだ(2009/4記)。
また復活したようだ(2013/11記)。
屋久島(宮之浦港)に到着。
船首部分でクレーンやフォークリフトが作業していて危険な雰囲気だったので船首→船尾方向の撮影はあきらめた。

普通のフェリーのように人用の乗船口はなく、写真右側にみえる搬入口?から乗船する。これを知らず、乗船口を探したが見当たらなかったので、係りの人に乗船はどこからですか?と聞いてしまった。
屋久島内の移動にはレンタカーを使用するが、営業開始が8時なのでしばらく観光案内所で時間をつぶしていた。

本日のメニューは次の通り。
1.白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)/弥生杉
2.ヤクスギランド
3.屋久杉自然館
4.紀元杉
5.千尋滝(せんぴろたき)

たった五箇所しか周らないのかと思うかもしれないが、種子島に戻るフェリーの出港が15時50分(乗船手続きは30分前迄に行う必要がある)なのである。

なお、よく聞く縄文杉は日帰りで行ける場所には無い。余裕をもって縄文杉をみるには二泊三日は必要だろう。
埠頭からレンタカーの営業所に向かう途中にこの碑がある。

日本初の世界遺産らしい。
使える時間が短いので、早速レンタカーで白谷雲水峡へ向かう。

片側0.5車線が延々と続くので対向車が来ないかヒヤヒヤしながらの運転だ。

途中、路上にたむろするサルの集団がいた。かじられたりするのはいやなので、少し離れたところから車の窓を開けて撮影した。

サルは何を思ってこちらを見ているのだろう。
ちなみに私は「なんか面白いことしてくれないかな、でもこっちには来るなよ」と思いつつ見ていた。
白谷雲水峡に到着した。「もののけ姫」のモデル地とのことである。
遊歩道を歩くとあの映画でみた苔むした感じを味わうことが出来る。

立ち止まっているぶんには涼しさを感じることもできるが、湿度が高いせいか動くとすぐに汗だくになる。
何杉なのか覚えていない・・・
川をまたぐつり橋の上からの景色。
ここは先の写真で示した渓流の上流になる。
弥生杉。

樹高26.1m
樹齢約3000年。

目の前にあると木の幹というよりも壁といった感じなので、少し離れたところから見たほうが幹の太さを感じれそうだが、周りにも木々が茂っているので無理だった。
次は屋久杉自然館だ。
それほど見所のある施設ではなかった。
入館料は300円。屋久島からの郵便物の消印をみたくなり、ここで絵葉書を買い実家と自宅の二箇所に送ってみることにした。

消印は「鹿児島 安房」となっていて、屋久島内で消印が押されたことを確認できた。場所はこの辺らしい。
屋久島観光で乗ったレンタカー(トヨタのヴィッツ)でここから借りた。

久しぶりのAT車である。自分の車と比較すると車内がとても静かで、エアコンの効きも強力、乗り心地もこちらの方がはるかに良い。
レンタルは12時間で、料金は4725円。そして返却時は満タンにする必要がある。このときにガソリンスタンドで満タン証明書なるものをもらい一緒に返却しなくてはならない。セルフスタンドでもこの証明書をもらえるようであるが、面倒なので普通のスタンドで給油しこの証明書をもらった。
紀元杉。

樹高19.5m
樹齢約3000年。

そのころ、私の先祖はどこで何をしていたのだろうか。ニホンオオカミにでも追いかけられていたのだろうか。

3000年間、、ここで時代が流れていくのを感じていた木である。3000年も長生きをしたいとは思わないが、3000年後の世界がどうなっているかは万人が興味を持つところだろう。

3000年後も変化がないのはコップくらいじゃないかと思っている。
すこし角度を変えて撮影。
ここに限らず、杉の周りは藪だったり何だったりするので、離れて全様を撮影することはできない。だから見上げて撮影することになる。
千尋滝。
岩の上を水が流れている。流されると、すごく痛い思いをしそうだ。

「せんぴろ」と入力し変換しても駄目で「ちひろ」と入力し変換した。
「竜神の滝」。当初の目的地にはなく、道に迷って偶然たどりついたのである。
早く宮之浦に戻らなければ!!と焦りつつの撮影だ。
少々焦ったが、若干の余裕を残し港に到着することができた。

この高速船ロケット2号水中翼船だ。普通のフェリーのように歩き回ることはできず、シートベルトをして着席していなくてはならない。
本船は種子島を経由し鹿児島まで行く。乗船するとキャビンアテンダント?の女性が親切にも「種子島-西之表港からのタクシーをご予約しましょうか」と尋ねてきたが、西之表港から歩いて5分程度のところが宿泊先なので、お世話になることはなかった。

約1時間乗船していた感想は、寝ていてわかりません・・・
酔い止めの薬を飲むと強烈に眠くなるのだ。うっすらと覚えているのは、旋回時にまるで飛行機のごとく船が傾いたことだ。
西之表港に帰ってきた。
今日の夜は天女ヶ倉で星空観望を予定している。
少し寝ておかねば。
次へ