トロイカ

2022-04-19(水)

明石海峡大橋上空の写真
おおよそ観光旅行後一ケ月以内を目標にWEBに掲載しているが、今回は5月上旬の連休から始めたブラモデル組み立てに時間を費やしていたためかなり遅れてしまった。次の観光旅行が近づいてきたのでこちらに先に終わらせることにした。
さて、平年は特に理由がなければ5月中旬に観光しているが今年から4月中旬~連休前に変更してみることにした。梅雨入りが早まってもさすがに4月中旬にはならないことや5月の中旬頃に年2日だけある土曜勤務日の1日があるのが理由だ。

ここは明石海峡大橋の上空である。この後すぐに神戸空港に着陸する。
井倉洞入口の写真
数年前、神戸から西に移動するときの移動時間を活用できないものかと途中の観光地を探していた。そして見つけたのが井倉洞である。井倉洞のページをブックマークして旅程が会う日を待っていた。
今日は三原市まで移動する。岡山駅で途中下車し伯備線に乗車し直して約90分後に井倉駅に到着する。岡山~井倉はICOCAが使える。常時行われいてるのかわからないが下車時は検札も行われた。
井倉駅から井倉洞は少し離れているが駅前にタクシーは無く、バスもあるようであるがよくわからないので、スマホの地図アプリを見ながら徒歩で向かう。
10分程度の距離であるが、車道には歩道がなく傘を差しているので車が通る都度奥まった場所に退避しながら井倉洞へ向かった。

コインロッカーは無いが荷物は受付で無料で預かって下さる(荷物と引き換えに番号の書かれた札を渡される)。曇天であるが雨は上がっていたので傘も預けて洞窟に入った。
降雨の影響なのか洞窟内は水が滴る箇所が多い。そして私の数少ない観光洞窟経験内で最も洞路(というのかなんというか)は狭く天井が低い箇所が多い。
井倉洞の写真
井倉洞の写真
井倉洞の写真
井倉洞の写真
井倉洞の写真
井倉洞の写真
井倉洞の写真
井倉洞の写真
あと少しで出口という所で天井に頭を強打した。つむじより少し前の当たりである。身長が1[cm]ほど縮んだのではないかと思うほどの勢いと衝撃である。
流血は無いが、しばらくするといわゆるたんこぶになっていて、10日間程度触ると痛かった。

洞窟の出口横から井倉の滝が見られる。雨水のせいか水量が多く水の音が心地よい。すこし涼んでから井倉駅へ向かう。
井倉洞の写真
入るとき上がっていた雨は、今は土砂降りである。傘を受付に預けたことを後悔しながら走って受付へ向かい荷物を受け取る。
受付付近には壁は無いが屋根のある休憩所があるので、体を拭きすこし乾かしてから駅へ向かった。
駅に着いて10分程すると腹立たしい事に雨が上がった。
その後、一時間に一本の電車を待ち岡山そして三原へ向かった。
高画素版はここから。
今日は三原国際ホテルに泊まる。本ホテルの存在は知っていたが泊まったことが無かったので試しに泊まってみた。
普通のビジネスホテルといった感である。洞窟を歩き回り天井に頭を強打し雨に打たれた疲労から速やかに寝てしまった。