和歌山にはもう行かない

5月19日(水)#1/2

今回も武漢ウイルス(COVID19)まん延の影響を受け、帰りの飛行機が減便になり17時頃の便で北海道に戻るはずが11時の便で戻らなくてはならなくなった。 つまり、貴重な滞在時間が少なくなってしまったのである。
武漢ウイルスで緊急事態宣言が出されていた札幌の住民が旅行に行くこと自体に問題があるとの見解もあるだろうが、 オリンピックのテストマラソンを行える程度の状況であるから支障はないだろう。
なお、私はオリンピック不要派である。オリンピックも東京だけで行うのであれば賛成でも反対でもなかったが、札幌でマラソンを行うとなってからは不要派になった。DQNを祭る「よさこいソーラン祭り」が武漢ウイルスの影響で行われなくなり喜んでいたのに今度は商業運動会が湧き上がるとか騒々しいことこの上ない。
明石天文科学館イエナさん
今日の目的地は和歌山市であるが、まずはいつもの明石天文科学館へ行きプラネタリウムの上映を観賞する。
私の西日本の玄関は神戸である。これはAirDoが神戸までしか就航していないためである。AirDoのポイントがたまっているので他社の利用予定もない。
おおよそ年に一度の頻度で明石天文科学館を訪れているのは、玄関から近いことと明確な目的は無いが寄ってみたくなるからである。
展示内容はいつも同じであるが、プラネタリウムの投影が始まるまでは館内を見学している。
なぜかイエナさん(投影機)に会いたくなるのである。
話は変わるが、今回は新たに購入したRICOH THETA Z1で撮影した写真を多く掲示した。 今までは知人から借用したRICOH THETAで撮影していた。しかし、解像度不足が気になって仕方なかったので自ら購入することにしたのである。
明るい屋外での解像度は向上しているが、屋内撮影では価格ほど解像度の向上をあまり感じない。
360度写真の画像サイズが大きいのでWEB1ページあたり3~4枚になるように分割し掲示した。